ブログ

【2020年8月合格】Googleアドセンス審査通過するための方法

アドセンス 合格

こんにちは。ごろはるです(*’▽’)

この記事では、グーグルの広告配信サービス「Google AdSense」、いわゆる「アドセンス」についてお話します。

2020年4月にブログを始めて約3か月、「ドメインってなに?お菓子の名前?」っていうくらいネットに関して知識がなかった私でしたが、なんとか合格することができました。

アドセンス全然合格できない…。」「いろんなブログを見ていると、合格した人もたくさんいるっぽいけど、自分には無理かな…。」と思っている方に向けて、アドセンス審査通過のためにしてきた対策を解説します!

記事数は14!

やはり記事の内容は一番重要だと思うので、細かくお話をしていきます!

ちなみに当ブログは、超雑記ブログです。医療事務の記事がほとんどですが、筋トレの話や恋愛についての話も記事にしています。

なので、特化ブログの方がいいとは言われていますが、とはいえ、当ブログも審査は通ったので、雑記ブログを運営している方も安心できるかと思います(*’▽’)

どの記事も自分の実体験を入れてオリジナリティーを出す

コンテンツを豊かにするという意味で、雑記ブログなりにしっかり特徴を出さねば…!と思い、自分の経験談を交えながら全ての記事を書きました。

自分が経験したことを書くことによって、オリジナリティーも生まれますし、文字数も多めに書くことができます。気づけば「あれ、もう2000文字超えてるじゃん!」といった感じですね。(ちなみにこの記事も2000文字超えてます!経験談恐るべし。)

悩んでいる誰かに向けて記事を書く

実体験を書こうと思っても、何を書けばいいのかわからなかったり、こんな内容でいいのかなと思ってしまったりすることもありますが、別に万人受けする記事を書こうとしなくても大丈夫です。

例えば、過去の悩んでいる自分のことを考えてみると、案外サクサクと記事が書けたりします。

私が記事を書く上で参考にしているブログは、マナブログさんです!ブログ界隈ではかなり有名な方なので一度読んでみるといいかもしれません。

文字数は2000~3000字ほど

文字数についてですが、必ずしもこの文字数を書けば合格できるというラインはないみたいです。

ですが、ブログの内容を豊かにすることはアドセンス審査のため以外にも、今後のブログ運営で必要になることだと思うので、ある程度の文字数はほしいところですね。

先述していますが、体験談を記事に書いてオリジナリティーを出すことに注力すると、それなりに文字数は稼げると思います。最低でも2000字は書いていました。

最初の数記事は、1000字を超えるのもきつかったりしますが、数をこなしていくと慣れてくるので、頑張りましょう!

記事の更新を毎日した

これに関しては私の勝手な思い込みなのですが、記事の更新頻度が低いと通りづらいのではないかと…(-_-;)

例えば、1か月に記事3本とか。

まさしく4~5月にアドセンス申請していたころの私です…。

どんな感じで審査に出していたか、ちょっと時系列でまとめてみます。

  1. ブログを始めて1か月半ほどで5本記事を書き、アドセンス申請→申請した翌日くらいで「コロナのため審査できません」と通知が届く
  2. その後、1~3週間に1本のペースで記事を書く
  3. すでに書いていた5本の記事+新作2本の記事を書き終えたところで申請→またしても翌日くらいに「コロナのため審査できません」と…。
  4. もうだめじゃんと2か月ほど放置
  5. 8月に入り、連続更新することを決意
  6. 8/4~毎日1記事書き、8/7(毎日更新4日目)でアドセンス申請
  7. Googleからの通知メールが来るまでの数日間も、毎日更新を続ける
  8. 8/10、無事に合格おめでとうメールが届く

こんな感じで合格することができました。

更新頻度が高くなれば、ちゃんとブログ運営してるんだぞ!というやる気を示すことができるし、更新する分コンテンツの量も増えていくので、個人的にはかなりおすすめです!

ただし、この毎日更新もやれば必ず合格できるというものではないので、参考程度にとどめておいてくださいね!

Googleのルールを守る

禁止コンテンツは載せない&ポリシーは守る

Googleが定めているGoogle サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーに書かれている事項はブログに載せないほうが審査は通りやすくなると思います。

どんなものを掲載してはいけないか、具体的な例もあわせて説明されているので、必ず読むようにしましょう!

プライバシーポリシーの設置

先述した「Googleのルールを守る」というのに関連して、自分のブログにプライバシーポリシーを書いたページを設置しましょう。

とはいえ、何を書くの?って感じですが、簡単に説明すると、「私のブログではプライバシーに関してこういうことを守ったり行ったりしています」というご案内文を書くイメージですね。

ネットで『プライバシーポリシー 書き方』で検索すると、例文などがたくさん出てきます。

私のブログにももちろん設置してあるので、ぜひ参考にしてみてください。

<参考>ごろはるぶろぐ:プライバシーポリシー

運営者情報・問い合わせページの設置

これは、いろんな方のブログで設置されていたので私も真似をしてみました。

運営者情報とは、その名の通り、このブログは誰が運営しているのかというページです。

問い合わせページは、いろんなホームページで見かけると思いますが、ブログ運営者に対して問い合わせができるページのこと。

これもネットで調べると、いろんな書き方や設置の仕方が出てくるので、ワードプレスを使用している方はご自身のブログテーマの設定なども見ながら、設置してみてください!

<参考>ごろはるぶろぐ:運営者情報/お問い合わせ

まとめ:読者のことを考えながら、アドセンス合格を目指そう

Googleは、読者(=検索する人)を第一に考えて検索エンジンを運営しています。

そのGoogleに認められるためには、ブログを運営している私たちも読者にとって良いブログを運営していくべきです。

なので、Googleのポリシーを守ったり、悩んでいる誰かに向けて記事を書くことは本当に重要なことだと考えています。

ドメインという用語さえわからなかった私がアドセンスに合格できたのも、この考えを理解できたからなのかなあ、なんて思ったりします。

というわけで、少しでもこの記事が誰かのアドセンス合格のお役に立てれば幸いです(*’▽’)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です