恋愛

【同棲3年目】長続きカップルのお金に関する3つのルール

同棲 お金 ルール

こんにちは。ごろはるです(*’▽’)

はてな 女性

悩んでいる人「同棲を始める予定だけど、お金の管理ってどうすればいいの?どんなルールを決めるべき?できれば二人の将来のために貯金もしたいな…」

 

そんなお悩みを解決します!

この記事では、同棲歴3年目のごろはるが実際に彼と決めた3つのお金のルールについて解説していきます!

ルール①:共同の財布を用意する

まずは、二人で使う共同の財布を作りましょう!

お財布に入れる金額は、とりあえず1人1万円ずつ出し合って足りなくなったら補充するというやり方でもいいと思います。

慣れてくると、使う金額の感覚がつかめるようになるので、1か月の予算を立てることもできるように。

ちなみに、節約するぞ!というカップルは、ポイントカードが入るお財布を用意するといいですよ♪

お金を出し合う割合は話し合って決めよう

収入によってお金を出し合う割合を変えるカップルもいれば、すべて半々で出し合うカップルもいます。

ただ、個人的には、半々で出し合うことをオススメします!

お金はケンカの原因になりやすく、出費の割合が違うと多くお金を出している方がケンカで強くなったりします…。

どちらかがよっぽどの高収入であればいいかもしれませんが、そこまで変わらないよ!というカップルは対等な立場で生活するためにも割合は半々が良いと思います。

貯金もしやすくなる

共同財布を作り、予算が立てられるということは、貯金に回せる金額も把握できるということ!

同棲するカップルであれば、結婚を意識している方も多くいるはず。

具体的な貯金方法ですが、2通りのやり方がおすすめです。

  1. 共同財布で余ったお金を貯金に回す。
  2. 毎月固定の金額で貯金する。

①のやり方は、ひと月の収入が出費でほぼなくなってしまうというカップルにオススメ!(収入=出費というカップル)

②のやり方は、毎月のかかる費用に対して収入に余裕があるカップル向けですね!(収入>出費というカップル)

 

どちらのやり方にせよ、目的を明確にしておくと、楽しく貯金することができます!

ちなみに、私は夏休みの旅行のために毎月1万円ずつ出し合って貯金をしていますが、少しづつ増えていく金額を見て、「よし、来月も頑張って働いて節約しよう!」というモチベーションアップにもつながります♪(去年から貯金を開始して、2020年8月現在で24万円貯金できています!)

ルール②:2人で月末に出費を確認して、予算を考える

家計簿をつけることが大変ならレシートだけでもとっておく

家計簿をつけて支出をしっかりチェックするに越したことはないですが、もしも面倒なら、レシートを保管しておいて、月末にざっくりと出費を計算するといいですね

このとき、重要なのが必ず2人で出費を確認すること!

理由としては、何にお金をかけすぎているか、どれくらいの出費ならOKか、二人で考えを合わせることができるからです。

2人の考えがあっていないと、自分は節約のためにスーパーの安売りをチェックしているのに、相手は外食しまくろうとする…みたいな価値観のずれが発生し、ケンカの原因にもなりかねません。

1人で生活しているわけではないので、お互いに納得できる予算を考えてみましょう。

ルール③:個人の買い物には口出ししない

個人の自由を尊重するのは本当に大事

どんなに節約していたって、やはり個人の趣味や楽しみにはお金をかけたくなりますよね。

例えば、洋服や化粧品などのモノ、飲み会などの付き合いなどなど。

相手がいっぱいお金を使っているように感じても、共同財布から出していない費用に関しては、彼・彼女の自由だと考えましょう。

節約や貯金をしていると、ついお金に対して敏感になって口出ししたくなりますが、「それはそれ、これはこれ」の考え方でいきましょう。

あくまで、節約も貯金も二人で楽しく生活するための手段。

お金が原因のケンカはお互いがしんどくなるだけです。

長続きするためには、お互いを認め合うことが本当に大事なのです。

まとめ:2人で家計を管理して、価値観を合わせよう

というわけで、長続きカップルのお金のルール3つを解説してみました!

もう一度整理しておくとこんな感じ。

  1. 共同の財布を作る
  2. 2人で月末に出費を確認して、予算を考える
  3. 個人の買い物に口出ししない

ルールを作っておくと、トラブルも少なくなるはずです!

一度作ったルールでも、二人に合わないやり方であればもちろん途中で変えてもOK!

2人でルールを守って、楽しい同棲生活を過ごしてくださいね(*’▽’)♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です