勉強

作業に集中する5つの方法【継続するコツも解説!】

作業 集中

こんにちは。ごろはるです(*’▽’)

ぼーっとしてる人悩んでいる人「勉強や仕事に集中しなければいけないのに、全然できない…。ちゃんと毎日やりたいけど続かない…。」

 

他のことに気を取られたり、誘惑に負けたりして、作業に集中できないことってありますよね。作業できたとしても三日坊主になったり…。

というわけで、今回の記事では、飽き性な私が実際に試して効果があった、集中できる方法&継続するための方法をご紹介します!

集中する5つの方法

集中 作業

デスク周りを整える

デスクの上は、作業に必要なものだけを置くようにしましょう。

整頓することで、いろいろな効果があります。

  1. 誘惑を断ち切れる
  2. デスクがすっきりして、余計なことを考えなくなる
  3. きれいなデスクで、モチベーションアップ

片付けが面倒であれば、一時的に隠すだけでもOKです。視界に入ってくる情報をとことん少なくするようにします。

デスク

私のデスクはこんな感じで、必要最低限の文房具だけにして、ちょっとした小物はケースに入れちゃいます。

もしも、収納ケースを用意するなら無地で、なるべくカラフルな色を避けるとスッキリしますよ♪

イヤホンorヘッドホンをつける

視界の情報量を減らしたら、次は周りの音をシャットアウトします。

音楽を聴きながら作業するわけではなく、イヤホンやヘッドホンをつけるだけです。

私の場合、エアコンの音や時計の針の音などが耳に入ってきて意識してしまうと気が散ってしまうので、この方法はかなり効果的でした!

初めは、音楽を聴けばいいと思って、作業用BGMなどをYouTubeで検索して流していましたが、気分と違う音楽が流れてくると、ついついプレイリストを操作してしまい、結局作業に集中できませんでした。

なので、周りの音を消すだけであれば、イヤホンかヘッドホンを耳に着けるだけでOKです!

「多少、雑音がないと落ち着かない」という方は、この方法は合わないかもしれません。

タイマーを使う

続いては、時間を区切って集中する方法です。

スマホのアプリでもいいですし、キッチンタイマーでも構いませんので、時間を測るものを用意してください。

まずは、5分から始めてみましょう!

5分が難しければ3分でも構いません。(あの強いウルトラマンだって、集中して戦えるのは3分間です。まずはウルトラマンになれるように頑張りましょう。)

とにかく作業に手を付ける、ということを脳に覚えさせましょう。

私はこの方法で、「私ってば、意外と集中力あるじゃん!」と自信がつき、作業するのが楽しくなりました♪

5分作業したら、ひとくち水を飲んで、また5分作業する…といった感じで試してみてください!

カフェで作業する

家だと、マンガ読んだりテレビ見たりしちゃうよ~!という方は、いっそのこと外で作業しましょう。

カフェに行けば、パソコン作業や読書をしている人も多く、誘惑も少ないです。

私の場合、読書に集中したいときはカフェに行ったりします。

窓際の席で、コーヒーを飲みながら…。なんて素敵な空間なのでしょう!と酔いしれながら作業に集中できるのもカフェ作業の良い点ですね。

ショッピングモール内のカフェだと、おしゃべりを楽しむお客さんもいるので作業に集中しづらくなることがあったりします。また、カフェに長時間居座るのも迷惑になりかねないので、控えた方がいいと個人的には思います。

スマホの電源を切る

通知が気になったり、ゲームをしてしまったり、スマホ依存は本当に現代人の問題ですよね。

スマホが気になって集中できないなら、いっそのこと電源をOFFにしましょう!

ついついSNSを見たり、ゲームもしたり…という時間が無くなり、作業しかやることない状態を作り出すことができます!

スマホをいじりがち…という方にはうってつけの方法です!

できたことを記録して、作業を継続するクセをつける方法

記録

では、集中する方法を使って作業をしたあとは、できたことを記録しましょう!

記録することで、作業の進捗状況を確認することもできますし、なにより「自分は作業ができた」という頑張りを可視化できるので、モチベーションアップにつながります!

モチベーションが上がれば、作業しようという気持ちが生まれて、継続するための良い循環が生まれます。

具体的に記録する方法もご紹介していきますね。

カレンダー・手帳に書く

カレンダーや手帳に、その日作業したことを書き込んでいきます。

私は、運動や筋トレをしたときに壁掛けカレンダーに書き込むようにしています。

1週間書き込みが続けられれば、かなりの作業量をこなしたことになるはず。

記録したページを見返した時は、ぜひ自分を褒めてあげてください!モチベーションアップにつながりますよ♪

アプリやSNSを活用する

カレンダーとか手帳とかアナログな方法は面倒…という方は、ぜひスマホを活用してみてください!

便利なツールを2つご紹介しますね!

スマホアプリ「集中」を使う

アプリ 集中集中 アプリ(2)

こちらは、集中というアプリ。

集中する項目や時間を設定でき、タイマー代わりにもなる優れもの。

作業した時間を自動で記録してくれるので、時短になります!

個人的には、タイマーが鳴ったときの通知など、細かいところに楽しみを感じられるので、かなりお気に入りです。

Twitterでつぶやく

自分の意志が弱すぎて、続けられない…という方はSNSを使ってみましょう!

記録とは少し違うかもですが、私は毎朝Twitterでその日にやる作業内容をつぶやいています。

Twitterのいい点は、仲間を見つけられることです!

同じような作業を頑張る仲間から応援されると、やる気がアップして作業に取り組めるはず!

自分ひとりでは続けるのが難しいけど、仲間がいれば頑張れそうという方は、SNSで作業を記録してみましょう!

まとめ:「やってみる→記録する」の繰り返しで習慣化!

というわけで、作業に集中する方法5つと、継続するクセをつける方法をご紹介しました!

もう一度リストにまとめてみますね。

<作業に集中する5つの方法>

  1. デスク周りを整える
  2. イヤホンorヘッドホンをつける
  3. タイマーを使う
  4. カフェで作業する
  5. スマホの電源を切る

<継続するクセをつける方法>

作業内容を記録する

  1. カレンダー・手帳に書く
  2. アプリやSNSを活用する

今回ご紹介した方法を試してみて、少しでも作業がはかどれば嬉しいです(*’▽’)

では、画面を閉じて、作業に取り組んでみましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です